JOYBOXレース案内


JOYBOXツーリングカーチャンピオンシップ '18
最終戦のご案内

★最終戦は1月6日(日)に名古屋市港区サンビーチ日光川駐車場にて開催します!!
2018シリーズ表彰も行いますので、ふるってご参加ください。


◆最終戦のエントリーはこちらから◆
 最終戦のエントリー受付は、1日2日(水)23:59しめ切りです。

☆参加を予定している方は事前エントリーをご利用下さい。
参加人数が多くなった場合は先着順となり
期日前にエントリー終了となりますので、ご注意下さい。

<当日エントリーはできません>
★最終戦のエントリーリストはこちら

2018年シリーズ・ハンディ表はこちら

無線LAN対応パソコンを利用し会場にてレース経過がリアルタイムに確認できる
●リアルタイムモニターソフト「RMonitor」はこちら

(注)現在JOYBOXレースでの利用はできません。


<お知らせ>

2018年第4戦は台風の影響のため、11月25日に延期します。
なお、2018年最終戦は2019年1月6日に開催予定です。
2018/09/27



2018シーズンの10GTクラスへ、京商プラズマLMでの参加を可能とします。
規定は京商カップ2018のプラズマLmクラスに準じます。(グリップ剤は使用不可)

2018/04/16


2018年第3戦は岐阜県高山市モンデウスRCサーキットにて開催します。
ミニ、FWD、GT1の各クラスに参加の場合、参加ポイントとして
シリーズポイントに3ポイントが加算されます。

2018/04/16


2016年シーズンではレース計測に「LiveTime」を使用します。
レースの状況は「LiveRC」にてリアルタイムに確認できますので
リザルトの確認等でご利用ください。
LiveRCの「TeamJOYBOX」からアクセスできます。

2016/01/07


N1クラスでの優勝回数のカウントは、
5名以上の参加者の場合に行います。

2016/01/07


2015年シーズンから計測に新型Mylaps RC4デコーダーを使用しますので、
Mylaps RC4トランスポンダー(3本線)が使用可能となります。

2014/12/09


事前のエントリーが3名未満のクラスは
その回の開催を休止とします。
2012/01/28

--------------------
2010年第2戦より計測ソフトにRC Scoring Proを
使用していますので、RMonitorは使用できません。

2010/05/20


日時  1月6日(日)  受付確認 午前8時30分頃終了予定
会場 愛知県名古屋市港区 サンビーチ日光川 駐車場特設コース
種目 1/10EPツーリングカー
(1)ミニスポーツ (2)10GT (3)N1 (4)FWD (5)GT1
競技 予選3〜4分間レース 決勝4〜10分間レース
(レース時間は予定です。当日変更の場合もあります)
 
規定 *各クラスで使用可能なモーターは「マブチRS540SH」「タミヤ540-J」「ジョンソン540モーター」と
  「各社21.5T以上ブラシレスモーター」です。(改造モーター、シャフトにDカットの無い540モーター、
  ケース色が正規品と異なる540モーターは使用禁止です。使用可能か否かを選手自身で判断できない
  モーターは使用を控えて正規品を購入しご使用下さい)
*コラリー・PRO REDブラシレスモーター(JET Rシリーズなど他メーカー同等品を含む)は使用できません。
*レースで使用できるブラシモーターは当日受付時にオフィシャルによって認定(マーキング)された
  モーターに限ります。(1クラス2個まで)

*ミニスポーツ、10GT、FWD、GT1クラスはLiFeバッテリーのみ使用可能です。
走行用バッテリーは4800mAh以下のみ使用可能です。
*LiFeバッテリーは6.6V以下とし、LiFe対応充電器を必ず使用し、走行前の電圧は7.3V以下で
  コネクター付きのセルの絶縁が確実で安全に配慮したものを使用してください。
*NiCd、NiMHバッテリーはメーカーパックのSub-Cタイプで、7.2V以下、定価8000円(税込)以下の
  ストレートタイプのものを使用し、コネクターを必ず使用してください。(タミヤ3700(#55094)は使用可能)
  (パック内の単セルに計測された形跡のあるバッテリーは規定の範囲内であっても使用できません)
*すべてのクラスでLiPoバッテリーは使用できません。

ミニスポーツ、N1、FWDクラスでブラシレスモーターを使用する場合、0タイミングモードのESCのみ使用可能です。
 (ニュートラルでLEDが点滅しない0タイミング未対応ESCは一切使用できません)

*LiFeバッテリーを使用する場合、最低電圧カット機能の付いたESCの使用を推奨します。
ESCの設定を変更可能な、WiFi、ブルートゥース等のユニットは、レース走行中の搭載を禁止します。

*10GT、N1、FWD、GT1で使用できるラバータイヤはタミヤ製タイヤ(改造タイヤは不可)に限られます。
*10GTクラスでは各社F104用、1/10ツーリングカー用のスポンジタイヤが使用可能です。(WGT、F103用は使用できません)
  (スポンジタイヤのタイヤ整形作業は箱の中等で行い、ゴミは必ずお持ち帰り下さい)

タイヤへのグリップ剤、オイル類の添付は一切禁止です。(市販缶スプレーのクリーナーのみ使用可)

*タミヤ、ABCホビー、シェブロンモデルズ、HPI(190o幅)のボディを使用する場合、各ボディともボディ純正もしくは
  樹脂製リヤウイングのみ使用が可能です。(タミヤ製ボディへの「OP371」「OP604」「OP1494」「OP1457」「OP1458」の装着は可)
*KAWADA、京商、ヨコモ、HPI、エルシノアの各ボディ(200o幅まで)を使用する場合、樹脂製リヤウイングのみ使用が可能です。
*その他のメーカーのボディはミニを除きボディ幅は190o以下とし、オフィシャルゲージ幅以上のボディは
  メーカー発表のボディ幅が190o以下であっても使用できません。また樹脂製リヤウイングのみ使用が可能です。
*ダッジストラトス、マツダ6、アコード(190o幅以上のもの)、タミヤスバルレガシィB4ボディ(ITEM53727、53824)、
  EB110、G350など、レース指向のボディはすべてのクラスで使用できません。
*リヤウイングの高さはルーフ高以下とし、幅はボディ幅以下とします。(純正ウイングなど一部のボディを除く)
*ボディのリヤトリムライン以上の切り取りや穴あけは禁止。
*シャシー全幅はボディ幅以下とします。

*ミニスポーツクラスへの参加はタミヤMシリーズ、ABC(R246含む)ガンベイド、グースのみとします。
ミニスポーツクラスで使用できるタイヤはタミヤ、ABC、R246、ミワホビー製のMシャシー用ラバータイヤに限ります。
  (60Dサイズは使用できません)

*ミニスポーツでのボディはMシャシー用として市販されている1/10スケールのボディを使用すること。
  (ただしレース指向のボディ(アテンザ等)やディフォルメボディは使用できません)
*ミニスポーツクラスでシェブロンモデルズ・ビート「MSL034」、ライド・BRZ「#27025」を使用する場合、
  リヤウイング、リヤスポイラーの使用はできません。
ミニスポーツボディへの空力を重視したリヤスポイラーやウイングの使用はできません。
*ミニスポーツクラスでのボディの種類による駆動方式(FWD、RWD)の制限はありません。
*ミニスポーツクラスでは4WDマシンは使用できません。
*ミニスポーツクラスでは走行前の無負荷でのタイヤの最高回転数を3200rpm以下とします。
  (回転数の数値はオフィシャルの回転計を基準とします)
 【優勝した場合、次戦より最高回転数がマイナス100rpmとなります(毎戦積算)】


*10GTクラスは200o幅以下の各社1/10ダイレクトドライブシャシー(F103GT、M500GT等)が使用可能です。
*10GTクラスでは、タミヤ・クラージュ、シェブロン・GT-One、スピードパッション・LM-A、無双組LM-P、各LMボディが使用可能です。
*10GTクラスでは最低地上高を4o以上とします。

*FWDクラスは各社FWDマシンでの参加が可能です。
*FWDクラスでは実車がFWDであるボディ(195o幅以下)を使用してください。

*ミニスポーツクラスの最低重量は1000g以上とします。
*10GTクラスの最低車重は1000g以上とします。(LMボディを使用する場合は1200g以上)
*FWDクラスの最低重量は1200g以上とします。
*N1、GT1クラスでタミヤ製以外のマシンを使用する場合は最低重量1500g以上とします。
*各社MシャシーでGT1、N1、FWDクラスに参加する場合の重量制限は1000g以上とします。
*TRFシリーズ(417、418等)は1400g以上、TA07系、TA06系、TA05系、TB系は1300g以上とし、
  それ以外のタミヤ製マシンは1200g以上を最低重量とします。
*HSV、NSX、Z、SC430、GT-R、Garaiya、350R、ライキリGTのボディを使用する場合、各最低重量に+80gとします。(10GTクラスを除く)
*FWD、GT1の優勝選手には次戦より最低重量に+150gずつハンディウェイトが追加されます。

*TQ獲得マシンは決勝時にルーフへ規定のウエイトを搭載していただきます。(N1、10GTを除く)
*N1、GT1クラスへの参加はミニスポーツ、FWD、4WDの各車種で参加可能です。
*N1クラスにはRCレースでの優勝経験のある方の参加はご遠慮下さい。(中学生以下を除く)
*N1クラスで通算2回優勝した選手は次回のレースからN1クラスへの参加はできません。
*N1、10GTクラスにはシリーズポイントはありません。

※10GTクラスへ京商プラズマLMでの参加を可能とします。
 規定は京商カップ2018の「プラズマLmクラス」に準じます。(ただしグリップ剤の使用は不可)


会費 1クラス2000円高校生以下とAMB-DPご利用クラスは1クラス1000円となります
申込 Webサイトからの事前エントリーのみ受付
なおエントリー多数の場合は先着、抽選とさせていただきます。ご了承下さい。
注記 レース参加者はゴミ袋を持参しゴミは必ずお持ち帰りください。
*27、40MHz帯を使用する場合、予備クリスタルを必ず持参してください。
*天候その他の理由で競技内容の変更があります。
*27MHz帯でエントリーの場合ナローバンド認定済みのプロポを使用してください。
*計測にはMylaps(AMBrc)オートラップカウンターを使用しますので、Mylaps-DP(AMB-DP・マイポンダー)を使用するか、
  シャシーに発信器が取り付け可能なステー設置、またはフロントウインドウよりのボンネット等に
  オートラップカウンターの発信器が取り付けられるように7o程の穴を開けておいてください。
 <可能な限りレースにはAMB-DP(マイポンダー)の使用をお願いします>
主催 Team JOYBOX
協賛 エルシノア、ケミックRIDE、シェブロンモデルズ、、セイキレーシング、服部化成、フクシマヤ、ブレードレーシングプロダクツ、
ペーパームーンR、ミワホビー、ラジコンショップ ゲット、ABCホビー、F1RCGP、G-STYLE、HiroFactory、KAWADA、KYOSHO、
MOROTECH、RC-1、RCマガジン、RC GARAGE ROUTE 246、SMS、Team BOMBER、TITC、TOR、XENON、ZEN
規定をよくお読みになり、規定に沿ったマシンでの参加をお願いします

シリーズポイント 
順位 10 11 12 13 14 15 16
ポイント 18 16 15 14 13 12 11 10 9 8 6 5 4 3  2  1
各クラスのTQは+2ポイント
総合16位までポイント対象となります

最終戦特別シリーズポイント    
順位 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
ポイント 25 23 21 19 18 17 16 15 14 13 11 9 8 7 6 5 4 3 2 1
最終戦のみ上記シリーズポイント数となります。

<おすすめレースのページへ>


レースに関してのお問い合わせはこちらまで。mail
<アドレスの@を半角にしてからご利用ください>


2018シーズンハンディウエイト&rpm 最終戦
ミニクラス FWDクラス GT1クラス
木下政勝 -50rpm
北井利幸 -200rpm
宮田 充  -100rpm
後藤 聡 +350g
小林圭二 +150g
谷井信夫 +200g
宮田 充  +150g
後藤 聡  +150g
対象選手は上記数値を加減してご参加ください

Top


(C) 1998-2018 Team JOYBOX

home





.


.